HOME>NPO法人 大阪ライフサポート協会について

NPO法人 大阪ライフサポート協会について

設立の目的

 心臓突然死の多くは病院の外で発生するため、こうした方を救命するためには医療従事者だけでなく、一般市民の方を巻き込んだ地域ぐるみの取り組みが不可欠です。
第一発見者が迅速に救命処置をはじめ、除細動と呼ばれる電気ショックを行うことのできる地域を作るためには、第一応答者となる一般市民等に対し、心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)等を使った救命処置技術を身に付ける為の環境(講習会)を提供し、これらの活動の輪を広げていく必要があります。

 われわれは、こうした心肺蘇生法の普及・啓発活動を通じて、心臓突然死患者をはじめとした救急処置を必要とする傷病者の救命率、さらには救命後の生活の質(quality of life)を向上させることを目的に大阪ライフサポート協会を設立しました。

概要

設立 平成17年8月8日
顧問 關 淳一
(元 大阪市長)
理事長 西本 泰久
(京都橘大学 健康科学部)
役員
会員
活動の目標
(長期展望)

大阪府を誰もが救命処置を実践でき、病院外心停止例の救命率が高いモデル地域にするとともに、救命救急に関する情報を発信し、全国的に病院外心停止例の救命率向上を目指す


1.第一応答者となる一般市民の心肺蘇生実施率の向上:35%※→50%に向上
2.病院外心停止例の社会復帰率の向上 目撃された心原性心停止例の救命率:7% ※→10%以上に向上
3.心肺蘇生教育を通じた命を大切にする社会づくり
所在地

〒533-0033
大阪府大阪市東淀川区東中島1-17-5
ステュディオ新大阪 416号室


※事務所内にて、商品の販売、講習会その他のお問い合わせの受付は行っておりません。
※電話又はお問い合わせフォームからお問い合わせいただきますようお願いいたします。

主な活動

AED・心肺蘇生法講習会の提供
一般市民及び医療従事者対象に実施。
指導者の養成
指導者養成講習会を年間6回実施
心肺蘇生/救急に関する情報提供
・ニューズレター発行
・セミナー開催施
教育用教材の作成・提供
学研教材:学校や企業等での講習会開催を支援する指導用DVD教材の開発企画
心肺蘇生法を普及させるための新たな取り組み
PUSHプロジェクトの企画・運営
胸骨圧迫とAEDの使用法に簡略化した講習会の開発・展開とその効果の検証
一度に100~200名を集めて行う簡易講習会の企画・開催
大阪府AEDマップ事業への協力
ウツタイン大阪プロジェクトへの協力
蘇生科学に関する研究活動とその支援
※上記、ウツタイン大阪プロジェクト、大阪府AEDマップ事業参照

ニューズレターの発行

当協会では“大阪ライフサポート ニューズレター”を発行しております。

過去のニューズレターは下記にてご覧いただけます。
(カッコ内は発行年月です)


第21号(2016年度 発行予定)
第20号(2016年 7月)
第19号(2016年 4月)
COMING SOON
    vol,019    
    vol,019    
第18号(2015年11月)
第17号(2015年 7月)
第16号(2015年 1月)
    vol,018    
    vol,017    
    vol,016    
第15号(2014年 7月)
第14号(2014年 2月)
第13号(2013年 7月)
    vol,015    
    vol,014    
    vol,013    
第12号(2013年 3月)
第11号(2012年 6月)
第10号(2012年 1月)
    vol,012    
    vol,011    
    vol,010    

 
第9号(2011年 8月)
第8号(2011年 4月)
第7号(2011年 1月)
    vol,009    
    vol,008    
    vol,007    

 
第6号(2010年 7月)
第5号(2010年 1月)
第4号(2009年 7月)
    vol,006    
    vol,005    
    vol,004    

 
第3号(2009年 1月)
第2号(2008年10月)
第1号(2008年 1月)
    vol,003    
    vol,002    
    vol,001    
お問い合わせはこちら
大阪府AEDマップ PUSHプロジェクト ウツタイン大阪プロジェクト協会の書籍紹介