寄付について

特定非営利活動法人 大阪ライフサポート協会

大阪ライフサポート協会 活動の目的
 日本では毎年6万人もの方が心臓突然死で亡くなっています。
 突然、心停止となってしまった方を救命するためにはできるだけ早く心肺蘇生(胸骨圧迫心マッサージ等)を開始し、電気ショックと呼ばれる処置を行うことが重要です。
 心臓突然死の多くは病院の外で発生するため、こうした方を救命するためには第一発見者となる一般市民に、心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)を使った救命処置技術を身に付けていただく必要があります。

 大阪ライフサポート協会は、救命救急医療の専門家である医師・看護師・救急救命士が中心となり、心肺蘇生法の普及・啓発活動を通じて心臓突然死患者をはじめとした救急処置を必要とする方の救命率、さらには救命後の生活の質(quality of life)を向上させることを目的に設立された団体です。
 従来、心肺蘇生法は消防機関、日本赤十字社を中心に積極的に展開されてきましたが、これまでの活動だけでは不十分なところを補っていきたいと考えています。また、専門的な視点から短時間で効率よく心肺蘇生法の基本技術を学ぶ方法を開発するなど、先進的な取り組みも行っております。
 特定非営利団体として国民の健康で安全な社会生活に貢献するために、活動を継続しております。
活動内容および寄付金依頼の趣旨
 大阪ライフサポート協会では、多くの方にAEDと心肺蘇生法を学んでいただくために、多くのセミナー・講習会を開催しています。これらの活動には、教育用資機材(AEDトレーナー(練習機)、トレーニング用人形等)の購入・管理費用、インストラクターの交通費(実費のみ)、運営スタッフの雇用等が必要となりますが、広く心肺蘇生を知っていただくために、セミナー・講習会参加費用を極力安く抑えており相当額の資金を必要としております。
 皆様にご支援・ご理解を頂くことで、継続して心肺蘇生法の普及・啓発活動に努めていきたいと考えております。是非この趣旨にご理解を頂き、ご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

寄付について

寄付金使途対象 講習会及びセミナーの開催経費
講習会で使用するAEDトレーナー(練習機)のメンテナンス及び人形
上記器材の保管場所及び事務所の整備
インストラクターの養成及びスキルアップのための勉強会開催
メンテナンス・法人運営スタッフの雇用
寄付金額 法人:一口5万円
個人:一口1万円(できるだけ3口以上のご協力をお願い申し上げます)
申し込み方法 所定の用紙にてお申し込みください。
申し込み期間 随時
その他 寄付頂いた方の御名前を会報・ホームページに掲載させていただきます。

【お問い合わせ先】
特定非営利活動法人 大阪ライフサポート協会 事務局
〒533-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1-17-5 ステュディオ新大阪416
TEL:06-6370-5883(平日10:00am~17:00pm)/FAX:06-6370-5884

お問い合わせはこちら
大阪府AEDマップ PUSHプロジェクト ウツタイン大阪プロジェクト協会の書籍紹介