PUSHプロジェクト(PUSHPROJECT,プッシュプロジェクト)

PUSH プロジェクトの歴史

PUSHプロジェクトでは、皆様の支援をもとに心肺蘇生、AEDに関わる様々な取り組みを進めています。
特に、学校教育への導入、モデル地域の構築による情報発信と全国への波及に力を入れています。



◆PUSHプロジェクトの活動の詳細◆

◆2016年◆
2016年12月 JRCガイドライン2015に準拠した「救え!ボジョレー!!」販売開始
2016年5月 JRCガイドライン2015に準拠した「あっぱくん」販売開始
2016年4月 上記と同様、新しいガイドラインに準拠した教材作りに着手
2016年4月 PUSH全国ネットワーク会議を開催(11名参加)
2016年5月 G2015準拠版「あっぱくん」販売開始
2016年6月 今年も「第6回大阪マラソンPUSH講習会」プログラム提供します

これまでの経歴は下記をクリックしてください。

これまでの取り組みの概要

平成20年8月PUSHプロジェクトを開始
PUSHのメッセージを発信・ホームページを制作。ロゴマーク制作。

1.PUSHコースを確立

PUSHコース開催に必要なコンテンツの開発

  • シーピーアール(心肺蘇生)トレーニング・ボックス「あっぱくん」
  • 心肺蘇生トレーニングキット「あっぱくんライト」
  • あっぱくんプロ
  • 学研「DVDで学ぶ カンタン!救急蘇生」
  • モンキャラメル「たたかう! 救急アニメ 救え! ボジョレー!!」
  • インスト支援・講習会管理のための「PUSHコース講習会開催支援システム」の構築
  • 商標登録:PUSH project, PUSH course, あっぱくんシリーズ

2.大阪でPUSH講習会と従来の講習会を組み合わせた心肺蘇生の普及モデルを展開

  • 大阪府下で年間3000名程度のPUSHコースを開催
  • 大阪府豊中・茨木市で地域での心肺蘇生普及モデル作りに協力。京都府舞鶴市でも計画中。

3.PUSH伝道師の養成・活動開始

  • 伝道師でモデルコースの内容を確立
  • DVD教材改訂版の制作
  • ブログを通じて情報発信

4.日本心臓財団とともに全国ネットワークを構築

  • 平成21年から全国ネットワーク委員会を開始
  • 平成21年から全国一斉PUSH運動を展開
  • インストラクター支援・講習会管理システムの運営

5.メッセージビデオ「君の瞳とともに」の制作と配信

歌手青木まり子さんの協力のもと、心臓突然死を身近にとらえ、心肺蘇生、AEDを学ぶことの必要性を感じてもらうためのメッセージビデオ「あなたにしか救えない大切な命~君の瞳とともに」を作成し、YouTube上で配信。挿入歌「君の瞳」は、2002年、47歳の若さで心室細動のため薨去された高円宮憲仁親王殿下が作詞作曲され、殿下から青木まり子さんがご生前にいただき大切に歌い続けている作品。

6.「学校PUSH」事業の推進と基金化 → 「学校PUSH」の様子はこちら

  • メドトロニック助成金を使ったSchool PUSH事業の展開
  • 大阪府教育委員会と連携した府立高校へのPUSHコース推進事業
  • 平成23年度 大阪ライフサポート協会で「学校PUSH」事業をスタート。PUSHコースの授業への導入を促進。

7.PUSHコースを世界に情報発信

  • 台湾でPUSHコースを紹介
  • 韓国でPUSHコースを紹介。2012年春から韓国で本格展開の準備中。


※このほか、これまでにプロジェクトにご支援いただいた状況は、こちらをご覧ください。PDF

法人キャスト

フクダ電子 日本光電 CU
 
トップに戻る